緊張と病気の関係

緊張と病気の関係

軽視できないあがり症は、放っておいては危険です。

 

早めに病気との因果関係に気付き、対処していかなければ、
あなたの今後の生き方を変えてしまうかもしれません。

 

緊張と病気の関係記事一覧

対人緊張(恐怖)症は、神経症のなかのひとつです。世界的には、「恥の文化」を持つ日本が、最も際立って症例が多いです。海外でも「Taijin Kyohusyo symptoms」とそのまま認識されています。「誰かを傷つけてしまう」「誰かに迷惑をかけてしまう」といった、自分の行動の結果への恐怖とは異なり、「自分への低評価」「自分への非難」等、他人の行動の結果への恐怖です。こういった恐怖に対しては、日本人...

他人から悪い評価を受けることや、人目を浴びる行動への不安。まさに、あがり症や緊張しやすい人の典型的症状ですね。でもこの症状へのトラウマで、次第に人目や人前を避けるようになり、日常生活に支障を来たすようになるのが、社会不安障害です。SAD(Social Anxiety Disorder)と呼ばれ、悩んでいる人は世界中にいるのですが、未だ原因は特定されず、神経伝達物質のセロトニンによる、脳内バランスの...

毎日一生懸命頑張っているあなたは、過度の緊張状態にないでしょうか?一過的なあがり症が高じて、慢性的な過緊張となっているのは問題です。頑張り過ぎ・緊張しすぎ・悩み過ぎ等、バランスが乱れた精神状態では、やはり自律神経に支障をきたしてしまいますよ。過緊張が一因の病気は?こういった過緊張下で優位に働くのは、もちろん交感神経ですよね。「顆粒球」という、細胞質内の殺菌作用を持つ顆粒を知っていますか?この顆粒球...

本年度 売上No.1 あがり症克服マニュアル

緊張

トレーニング開始からわずか5分〜60分ですぐに効果が! 医療と精神療法の専門家・とよだクリニックの豊田早苗氏が教える脳の根本から治し、理想の自分にあるための極秘メソッド。

 

 公式サイトをチェック