電話が苦手

電話が苦手

人と面と向かわなくてもあがってしまうのが、電話での緊張ですね。
掛かってくる場合は、突然相手が自分の世界に入ってきますし、
掛ける場合は、全くのアウエーの場に自分一人で入らなければなりません。

 

電話であがってしまうシーンを、それぞれ考えてみましょう。

 

 

掛けるのが苦手

もともと私も掛けるのが苦手でした。

 

  • 「もし忙しかったら悪いな」
  • 「もし大事な業務中だったらどうしよう」

 

そういう無駄な不安が尽きず、かけるのを躊躇しがちでした。

 

 

でも学生の頃、電話で営業のアポを取る、荒療治のようなバイトをしました!
家庭や会社に、突然営業電話を掛けるのですから、かなり難易度は高いです。

 

でもこれをやって、ほとんど電話を掛けるときに緊張はしなくなりました。
「私は仕事で掛けている」という割り切りと、やはり慣れて来たからです。

 

  • ウダウダ迷う前にダイヤルしてしまうと、「なんとかなる」と覚悟が出来る
  • 呼び出し音の段階で、深く深呼吸をする
  • たとえマニュアルがあっても、完璧に覚えてしまうと相手の質問に詰まる
  • たとえ相手に冷たくされても、いつまでも相手が不機嫌を引きずる事は無い

 

 

以上のようなことも学び、このバイトはやはり大変良い経験となりました。
今ではほぼ、公私ともに電話で緊張することはありません。

 

 

掛かってくるのが苦手

まだ仕事に不慣れなのに電話が掛かってきて、誰もオフィスに居なくて、
自分が取らなければならない時、これは不安から緊張になりますよね!

 

恐らく相手は、こっちが新人だなんて思ってもいませんし、
解らない用語や人名や会社名を、早口で言い出すかもしれません。

 

 

まず掛かってきたら、出る前にやはり、深く深呼吸しましょう。
そしてメモを取れる体勢にしておきましょう。
まず社名や部署名を言うと思いますが、
意識的にゆっくり話して、その間にも心を落ち着かせましょう。

 

 

正確にメモを取ることが先決ですが、不慣れな単語も出て来るでしょう。
そんな時も、しっかり復唱して聞き取って下さい。
掛けて来る相手は、早くより正確に伝えたいもの。

 

話すうちにあなたが新人と分れば、相手もゆっくり話す配慮はしてくれます。



 

 

本年度 売上No.1 あがり症克服マニュアル

緊張

トレーニング開始からわずか5分〜60分ですぐに効果が! 医療と精神療法の専門家・とよだクリニックの豊田早苗氏が教える脳の根本から治し、理想の自分にあるための極秘メソッド。

 

 公式サイトをチェック